総合保険比較
&お役立ち情報

生活習慣病保険

お気軽にご相談ください
▲
0120-558-483

【受付時間】10:00~17:00(土日祝日、年末年始を除く)

チェック済み商品を資料請求する
選択商品数1
今みんなが選んでいる保険は?

生活習慣病保険人気ランキング

更新日:2023/5/30

最新!人気の生活習慣病保険をランキングで発表します!
生活習慣病保険は、がん、急性心筋梗塞、脳卒中などの生活習慣病による入院や手術、通院などにかかる費用に備える保険です。

生活習慣病保険ランキング掲載基準

株式会社ライフィの運営するサイトを通じて集計期間(2022/11/1~2023/04/30)に新規にご契約いただいた生活習慣病保険の契約件数の多い商品順に掲載しております。

・集計期間に契約があった保険でも、発売を停止した場合や、保険会社の意向等により掲載していない商品もございます。

・商品が改定された場合には、旧商品の契約件数と合算集計して掲載しております。

※本ページでは、がん、急性心筋梗塞、脳卒中など、生活習慣が原因で起こる疾病を事由として、給付金が支払われる保障のある保険を「生活習慣病保険」として集計しております

「生活習慣病保険」人気ランキングNo.1

まとまった一時金で備える生活習慣病保険。現在ご加入中の保険や備えたい疾病に合わせて、「がん・6大疾病」「6大疾病」「がん」 の3つのプランから選べます。

契約年齢 満20歳~満79歳
保険期間 終身
※65歳以上の方は「終身」か「10年」よりお選びいただけます。
給付金 一時金タイプ
対象疾病 がん・6大疾病 / 6大疾病 / がん
商品の特徴:
  • 70歳でも入れる
この保険をもっと詳しく知りたい!
資料請求資料請求する 朝日生命|生活習慣病一時金保険(返戻金なし型)D
  • 病気(ガンを含む)やケガへの保障を準備したい
  • 今すぐお見積り・お申し込み
    保険会社のサイトへ移動します

    「生活習慣病保険」人気ランキングNo.2

    アイアル少額短期保険

    ヘルスケア応援団

    健康状態に応じて保険料が割引される生活習慣病保険。入院給付金日額は5,000円、7大疾病での入院・手術を保障します。
    ※がん・急性心筋梗塞・脳卒中・糖尿病・高血圧性疾患・腎疾患・肝疾患

    契約年齢 満20歳~満69歳
    保険期間 1年
    給付金 日額タイプ
    対象疾病 7大疾病
    商品の特徴:
    この保険をもっと詳しく知りたい!
    今すぐお見積り・お申し込み
    保険会社のサイトへ移動します

    「生活習慣病保険」人気ランキングNo.2

    チューリッヒ生命

    3大疾病保険プレミアムZ

    ガン保障をベースにした生活習慣病保険。ガン治療の基本保障に、3大疾病(ガン・急性心筋梗塞・脳卒中)の保障が自由に組み合わせられる保険です。

    契約年齢 満18歳~満80歳(ネット)
    満6歳~満80歳(郵送)
    保険期間 終身
    給付金 一時金タイプ
    対象疾病 がん/3大疾病
    商品の特徴:
    • 先進医療保障あり
    • 70歳でも入れる
    • 80歳でも入れる
    この保険をもっと詳しく知りたい!
    資料請求資料請求する チューリッヒ生命|3大疾病保険プレミアムZ
  • ガンになった場合の保障を準備したい
  • 今すぐお見積り・お申し込み
    保険会社のサイトへ移動します

    「生活習慣病保険」人気ランキングNo.2

    ネオファースト生命

    ネオdeからだエール

    健康を維持していると保険料が安くなる生活習慣病保険。8大生活習慣病で入院した場合、給付金が受け取れます。給付金額は50万円と100万円が選べます。
    ※健康診断の結果、健康年齢が若くなるほど主契約の更新後の保険料が安くなります。健康年齢とは、健康状態を年齢で表したものです。

    契約年齢 満20歳~満65歳
    保険期間 3年
    給付金 一時金タイプ
    対象疾病 8大生活習慣病
    商品の特徴:
    この保険をもっと詳しく知りたい!
    今すぐお見積り・お申し込み
    保険会社のサイトへ移動します

    2023年5月版人気保険ランキングの基準について
    (集計概要:契約件数順 集計期間:2022/11/1~2023/04/30 保険比較ライフィ調べ)

    生活習慣病保険ランキング傾向

    日本人の死因となる病気上位3つである、がん・急性心筋梗塞・脳卒中の「3大疾病」など、特定の病気の保障に特化した生活習慣病保険は、がん保険とともに注目が集まっています。3大疾病に加え糖尿病、肝疾患、腎疾患などまで対象を広げたものも、ネットで加入できるようになってきています。

    なかでも、そなえたい疾病に合わせて保障を選べるものに人気が集まっています。

    また、特定の病気で入院や手術をしたり、所定の状態になったときに一時金が支払われるものが一般的ですが、健康状態によって保険料が割引される商品も登場しています。

    生活習慣病保険とは?

    生活習慣病保険は、がん、急性心筋梗塞、脳卒中などの生活習慣病と診断されたときや、その治療のために入院や手術、通院などをしたときに保障される保険です。
    幅広い病気やケガを対象とする医療保険とは違い、保障の対象は生活習慣病に限定されています。保障の対象になる病気の範囲は、商品によって3大疾病・8大生活習慣病などと異なります。保障対象の病気と診断されたときや所定の状態に該当したとき、入院・手術などをしたときに、一時金が給付されるものが一般的です。

    給付金が支払われるのはどんな時?

    おもに、がん・急性心筋梗塞・脳卒中と診断されて所定の状態になったときや、対象の病気の治療のために入院したときなどに、給付金が支払われます。支払われる細かな要件は、各社によって異なります。

    生活習慣病保険の給付金はいくら受け取れる?

    多くの生活習慣病では、所定の支払い要件に該当したときに、一時金を受け取ります。一時金での給付の場合、1回につき50万円や100万円などから設定できるものが一般的です。
    一部、生活習慣病での入院時に、入院1日につき5000円などの日額が支払われるものもあります。

    生活習慣病保険と医療保険の違いは?

    生活習慣病保険は原則として、がん・急性心筋梗塞・脳卒中など、特定の病気のみが対象になります。医療保険は幅広い病気やケガが対象になりますので、保障される対象が異なります。
    また、生活習慣病保険の給付金は、対象の病気により支払事由に該当したときには一時金が支払われるタイプが主流です。一方で、医療保険は入院日数に応じた入院給付金が保障の基本になっているものが多い傾向にあります。

    3大疾病・5大疾病とは?

    3大疾病は、がん・急性心筋梗塞・脳卒中のことです。
    3大疾病に、別の生活習慣病を加えて5大疾病や6大疾病、7大疾病などとして、生活習慣病保険の保障対象とされているものもあります。保険会社により異なりますが、たとえば糖尿病、高血圧性疾患、肝疾患、腎疾患などが含まれます。

    気になった記事をシェアしよう!

    チューリッヒ生命:募補04020-20220810

    ネオファースト生命:B22N1116(2022.8.8)

    アイアル少額短期保険:F182-2208-1

    朝日生命:(登)朝日D-2022-093

    もっと詳しく商品一覧で比較

    『生活習慣病保険』
    商品一覧

    生活習慣病保険を学ぶ

    生活習慣病保険の基礎知識から詳しい解説、商品を選ぶ際のポイント、体験談やコラムなど、お役立ち情報が満載です。

    記事を見る
    保険に関するお悩みに
    専門の担当者が親身にお答えします
    ご相談・資料請求どんなことでもお気軽に
    保険代理店ライフィ
    0120-558-483

    【受付時間】10:00~17:00(土日祝日、年末年始を除く)

    メールでのお問い合わせはこちら
    LINEでもお気軽にご相談ください
    LINE:QRコード https://lin.ee/8b8fLYA

    LINE友だち登録はこちらから
    【受付時間】10:00~17:00(土日祝日、年末年始を除く)

    LINEでもお気軽にご相談ください
    LINE:QRコード https://lin.ee/8b8fLYA

    LINE友だち登録はこちらから
    【受付時間】10:00~17:00(土日祝日、年末年始を除く)

    人気保険ランキング
    すべて見る