総合保険比較
&お役立ち情報

ペット保険

ペットの保険

ペット保険

お気軽にご相談ください
0120-558-483

【受付時間】11:00~16:30(土日祝日、年末年始を除く)

ペット保険とは?

ペット保険とは、ペットがケガや病気で治療を受けた時の費用を補償する保険です。
保険の対象となる治療費用は、通院・入院・手術の3つに分けられます。ペット保険は3つの治療費用全て対象になるタイプと、手術・入院に特化したタイプがあります。

入院・通院・手術などの治療費用は全額支払われるものもありますが、治療費用の50%・70%など補償割合が決まっているものが一般的です。
そのほかにも、1日1万円・年間100万円までなど支払われる補償額に上限があったり、通院は年間20日、手術は年間2回までなど回数が限定されている場合もあります。

また、治療費用の補償だけではなく、ペットの健康や心配事の相談をできる、獣医師相談サービスや、保険の請求を動物病院の窓口で出来る窓口精算など便利なサービスがついたものもあります。

ペット保険選びのポイント

ペット保険を選ぶ際には、主に次の5つに注目してみましょう。

1補償範囲はどこまで?入院・通院・手術

手術・入院に特化しているものと、通院・入院・手術全て補償対象となっているものがあります。

2補償の割合は?50%・70%・90%

治療費のうち、保険で補償される割合を50%・70%で選べるのが一般的です。90%や100%補償されるものもあります。

3補償に免責はある?

補償の割合とは別に、保険で支払われる額から5,000円、7,000円など差し引かれる「免責金額」が設定されているものがあります。

4支払いの限度はある? 1回に受け取れる金額・使える回数

通院1日あたり、手術1回あたりなど1回ごとの限度額があるもの、年間100万円など年間に受け取れる限度額があるものがあります。
また、通院は年間20日、手術は年間2回など回数の限度があるものもあります。

5動物病院の窓口精算はある?

治療費を病院で全額支払い、後日保険金を受け取るのが一般的。提携病院の窓口なら、保険で支払われる分を差し引いて請求され、立替がいらない「窓口精算」ができるものもあります。

ファイナンシャルプランナーが解説!
あなたにぴったりのペット保険とは

ファイナンシャルプランナー加藤 梨里
ファイナンシャル
プランナー加藤 梨里

ワンちゃん・ネコちゃんがかかりやすい病気やケガは、年齢や犬種によって傾向があります。また、ミックス(雑種)に比べて純血種は遺伝的な病気のリスクが高いようです。ペット保険会社などでは、犬種ごとの病気・けがの統計データを公表していますので、わが子の病気・けがのリスクを判断するヒントになりそうです。リスクが高いようなら、補償金額の割合が高めのプランにすると安心かもしれません。

家計にゆとりがあれば、わが子の医療費がやりくりに影響することはありませんが、何度も病気・けがを繰り返すと出費が気になることも。免責金額のないタイプや、動物病院の窓口で精算ができるタイプなら、いざというときの急な出費を気にせずに、わが子を病院に連れていってあげられますね。

今みんなが選んでいるペット保険は?

『ペット保険』
人気ランキング

もっと詳しく商品一覧で比較

『ペット保険』
商品一覧

ペット保険を学ぶ

ペット保険の基礎知識から詳しい解説、商品を選ぶ際のポイント、体験談やコラムなど、お役立ち情報が満載です。

記事を見る

ペット保険・記事一覧

どんなことでもお気軽に
保険に関するお悩みに
専門の担当者が親身にお答えします
まずはお電話ください
0120-558-483

【受付時間】11:00~16:30(土日祝日、年末年始を除く)

メールでのお問い合わせはこちら
LINEでもお気軽にご相談ください

LINE友だち登録はこちらから
【受付時間】11:00~16:30(土日祝日、年末年始を除く)

LINEでもお気軽にご相談ください

LINE友だち登録はこちらから
【受付時間】11:00~16:30(土日祝日、年末年始を除く)