総合保険比較
&お役立ち情報

女性医療保険

医療保険

女性医療保険

お気軽にご相談ください
0120-558-483

【受付時間】10:00~17:00(土日祝日、年末年始を除く)

女性医療保険とは?

女性医療保険とは、入院1日につき5,000円など通常の医療保険と同じ保障に加え、女性特有の病気やがんで入院した場合は、給付金が上乗せで受け取れる保険です。

保障対象になる女性特有の病気には子宮がん、乳がん、子宮筋腫、子宮内膜症、さらには妊娠高血圧症や帝王切開などが含まれていることが多いです。

また、がんや三大疾病の保障をさらに手厚くするオプションや、生存給付金や健康ボーナスが受け取れるオプションを選べるものもあります。

特に女性特有のがんが心配な女性や、既に医療保険に入っていてがんの保障を手厚くしたい人には、「女性特有のがん」に特化し手厚く保障するタイプの保険もおすすめです。

女性向けのがん保険はこちら:女性がん保険の選び方

女性医療保険選びのポイント

女性医療保険を選ぶ際には、主に次の4つに注目してみましょう。

1給付金を受け取れる入院日数はいつまで?短期入院と長期入院

1入院で給付金を受け取れる日数の上限が、30日・60日などで短期~中期入院に対応したものや、180日までと長期入院にも対応しているものがあります。

2保障範囲は?対象となる病気の種類

幅広い病気やケガの保障が基本で、女性特有の病気の場合に保障が上乗せされるものが一般的ですが、保障対象が女性特有の病気やがんだけに絞られているものもあります。また、女性特有の病気のみではなく全てのがんで給付金が上乗せされるものもあります。

3特約は?上乗せ保障や生存給付金の受け取り

特約で、三大疾病やがんと診断されたとき、がんで入院などをしたときに一時金や給付金を受け取れるものがあります。また、入院をしていないなどの要件を満たすと数年ごとに健康祝い金や生存給付金を受け取れるものもあります。

4妊娠中でも入れる?申し込める週数

妊娠中でも、19週以内であるなど一定の条件を満たしていれば申し込めるものがあります。また、その妊娠での帝王切開が保障対象にならないものが多いですが、一部対象となるものもあります。

ファイナンシャルプランナーが解説!
あなたにぴったりの女性医療保険とは

ファイナンシャルプランナー加藤 梨里
ファイナンシャルランナー
加藤 梨里

厚⽣労働省の患者調査によると、⼥性の⼊院の受療率は10歳代に比べて20歳代〜30歳代にかけて⾼くなります。これは、妊娠出産の時期と重なることが影響しているのかもしれません。

女性向けの医療保険で「女性特有の病気」とされるものには、乳がんや子宮がんなどだけでなく、子宮筋腫や子宮内膜症、妊娠出産に伴う合併症なども含まれます。
これらは、それまで健康に自信があった人でも突然見舞われるケースがありますから、これから医療保険を検討する方も、すでに医療保険に入っている方も手厚い保障を確保するうえで活用できそうです。

女性向けの医療保険には、女性特有の部位でなくとも、がんについては女性疾病と同じように保障が手厚いものや、先進医療、三大疾病への備えをつけられるものがあります。女性疾病だけでなく幅広い病気に対して、保障を充実させることができるでしょう。

出典:厚生労働省「患者調査(平成29年)」

今みんなが選んでいる女性医療保険は?

『女性医療保険』
人気ランキング

もっと詳しく商品一覧で比較

『女性医療保険』
商品一覧

女性医療保険を学ぶ

女性医療保険の基礎知識から詳しい解説、商品を選ぶ際のポイント、体験談やコラムなど、お役立ち情報が満載です。

記事を見る

「医療保険」に関するよくある質問

  • 過去にがん(悪性新生物)を経験しています。 現在は完治しているのですが、加入できる医療保険かがん保険はありますか?
    過去にがん(悪性新生物)を経験していても、完治後5年以上経過している場合には一般の医療保険をご案内できることもあります。
    また、がんを経験された方のためのがん保険もご案内できます。

    保険の種類および保険会社によって、現在の健康状態等によってはご加入いただけないケースもございますので、弊社にお気軽にお問い合わせください。
  • 妊婦ですが、現在医療保険には加入していません。 これから検討したいのですが、妊娠中でも医療保険に加入できますか? ちなみに妊娠何週目まで加入できますか?
    妊娠中のご加入は、保険会社によって取り扱いが異なっています。
    通常、一般の医療保険では妊娠中に入れる保険会社は少なく、加入できても、いま現在の妊娠に起因する病気は保障対象外となることがあります。

    最近は妊婦専用の医療保険も販売されています。妊娠週数を問わずにご加入いただくことができ、その妊娠における帝王切開での入院などが保障される商品も取り扱っています。
  • 不妊治療を受けていますが、現在医療保険には加入していません。 不妊治療中でも加入できる女性専用の医療保険はありますか?
    不妊治療費用そのものは保障されませんが、不妊治療中に発症するその他の病気の入院費用や手術費用などをカバーできる保険を取り扱っています。
よくある質問をもっと見る
どんなことでもお気軽に
保険に関するお悩みに
専門の担当者が親身にお答えします
まずはお電話ください
0120-558-483

【受付時間】10:00~17:00(土日祝日、年末年始を除く)

メールでのお問い合わせはこちら
LINEでもお気軽にご相談ください

LINE友だち登録はこちらから
【受付時間】10:00~17:00(土日祝日、年末年始を除く)

LINEでもお気軽にご相談ください

LINE友だち登録はこちらから
【受付時間】10:00~17:00(土日祝日、年末年始を除く)

人気保険ランキング
すべて見る