総合保険比較
&お役立ち情報

女性がん保険

お気軽にご相談ください
0120-558-483

【受付時間】10:00~17:00(土日祝日、年末年始を除く)

更新:(公開:2022年4月13日)

女性がん保険を学ぶ

女性がん保険を学ぶ

がん保険は、がんにかかったときや、がんで入院・手術をしたとき、治療を受けたときに給付金を受け取れる保険です。

このうち、対象を女性に限定したがん保険や、女性特有のがんで上乗せの給付を受けられるがん保険があります。
女性限定のがん保険、女性向けがん保険(以下、「女性がん保険」)などと呼ばれます。

女性がん保険でどんな備えができる?

がん保険では、おもにがんにかかったときの治療費の負担に備えられます。
なかでも女性がん保険は、がんによる入院や手術、通院をしたときの自己負担に加え、乳がんや子宮がんなど女性特有のがんに備えたい人が、おもに検討したい保険です。

がんの治療でかかる自己負担に備えられる

女性がん保険の基本的な内容は、一般的ながん保険と同じです。

基本的には、がんと診断されたときに一時金を受け取れる診断給付金のほか、がんで入院をしたときに、その日数分の入院給付金を「1日につき1万円」などのように受け取れる入院給付金、がん治療のために手術をしたときにはその規模に応じて入院給付金日額の10倍や20倍などの手術給付金を受け取れる保障がついています。

入院や手術をした後に、通院を続けたときには通院給付金が、抗がん剤や放射線治療、ホルモン剤治療などを受けたときには治療給付金を受け取れるものもあります。

性別を問わずかかるリスクのあるがんに備えられるのはもちろん、乳がんや子宮がん、卵巣がんなど、特に女性がかかりやすいがんについては、診断給付金や入院給付金が上乗せされるのが、女性がん保険の特徴です。

一般的ながん保険に女性特約を付加して、女性特有のがんへの備えを手厚くすることもできますし、これらがパッケージになった女性向けのがん保険もあります。

女性特有のがん治療やケアに備えられるものも

がんはおもに手術、放射線治療、化学療法により治療しますが、治療の結果、身体の一部を摘出したり、副作用によって脱毛が見られたりして、外見の変化を伴うことがあります。

こうした治療の影響をケアするための給付金を受け取れる、女性向けのがん保険もあります。

たとえば、一部の女性がん保険では、乳がんでの乳房観血切除術やその後の再建術、子宮がんでの子宮全摘出術、卵巣がんでの卵巣全摘出術を受けたときに、一時金が給付される保障や、抗がん剤治療の副作用などで頭髪が抜けたときに一時金が給付され、ウィッグ(医療用かつら)の購入費に充てられる保障を付けられます。

がんの治療は長期にわたり、闘病しながら日常生活を両立することもあります。生活を続けていくうえでのケアに必要なお金に、女性がん保険で備えることができます。

がんの治療や闘病生活のイメージに合わせて女性がん保険の検討を

このように、女性特有のがんの治療に備えられる女性がん保険。

以下の記事では、女性特有のがんや、それに備えるがん保険について解説しています。

乳がんや子宮がんなど、女性で心配ながんへの備えについて、具体的にイメージをしておけるといいですね。そして、ご自身やご家族の状況を考えながら女性がん保険を検討してみてはいかがでしょうか。

今みんなが選んでいる女性がん保険は?

『女性がん保険』
人気ランキング

もっと詳しく商品一覧で比較

『女性がん保険』
商品一覧

執筆者・監修者一覧

気になった記事をシェアしよう!
どんなことでもお気軽に
保険に関するお悩みに
専門の担当者が親身にお答えします
まずはお電話ください
0120-558-483

【受付時間】10:00~17:00(土日祝日、年末年始を除く)

メールでのお問い合わせはこちら
LINEでもお気軽にご相談ください

LINE友だち登録はこちらから
【受付時間】10:00~17:00(土日祝日、年末年始を除く)

LINEでもお気軽にご相談ください

LINE友だち登録はこちらから
【受付時間】10:00~17:00(土日祝日、年末年始を除く)

人気保険ランキング
すべて見る