「子育て」の記事一覧

学資保険のメリットと必要性 教育費の準備方法についてFPが解説

学資保険のメリットと必要性 教育費の準備方法についてFPが解説

2019/07/25   こども保険を学ぶ

学資保険は、妊娠中や子どもが生まれるころから検討を始めて、割と早い段階で加入するというケースが多いようです。「学資保険で毎月、積み立てをしているから教育費はもう安心」と思っている人もいるかもしれません …

子どもの自転車事故は親の責任?加害者になった時に対応できる保険とは

子どもの自転車事故は親の責任?加害者になった時に対応できる保険とは

2019/06/21   自転車保険を学ぶ

私たちにとって身近な乗り物である自転車。通学はもちろん、少し遠出をするときにも便利なことから、最近ではサイクリングブームやエコの観点からも注目を集めています。免許がなくても気軽に乗れるということもあり …

4月は注意?子どもの自転車事故とかかるお金のリスク

自転車通学をはじめたら必要?子ども(小中高校生)の事故と自転車保険を解説

2019/06/10   自転車保険を学ぶ

新入学や新学期を迎える4月。子どもが小学生になり自転車に乗り始める、中学生になって自転車通学を始めるご家庭も多いのではないでしょうか。しかし自転車での行動範囲が広がると心配なのが、ケガや事故のリスク。 …

子どもの医療費も対象に!家計に役立つ医療費控除の活用術

【FPが解説】子どもの医療費も対象に!家計に役立つ医療費控除の活用術

2019/04/16   医療保険を学ぶ

小さな子どもは、大人に比べて病気やけがをしやすいもの。子どもは、まだ体の機能が十分に発達していないため、抵抗力が弱かったり、危険を判断するのが難しいためです。そこで、少しでも家計に役立つ情報として子ど …

【実例】子どもが友達にケガをさせてしまった!親への対応3つのポイント

【実例】子どもが友達にケガをさせてしまった!親への対応3つのポイント

子どもが小さい頃に、ケガをさせたりさせられたりというのはどのご家庭でも経験をされることでしょう。例えば遊んでいる時にぶつかってしまったり、おもちゃを取られ怒って友達を噛んでしまったり…。病院に行くよう …

シングルマザーがもらえる児童扶養手当とは?申請方法、受けられるサービス

シングルマザーがもらえる児童扶養手当とは?申請方法、受けられるサービス

2018/08/09   こども保険を学ぶ

児童扶養手当は、シングルマザー、シングルファザーのひとり親家庭を経済的に支援する国の制度です。今は経済的に厳しいけれども、条件の良い仕事に就きたい、収入をアップして安定した生活を目指したいシングルマザ …

シングルマザー・シングルファザーが受けられる3つの公的制度をFPが解説"

シングルマザー・シングルファザーが受けられる3つの公的制度をFPが解説

2018/08/09   こども保険を学ぶ

シングルマザーやシングルファザーのご家庭(ひとり親家庭)は、国や自治体からさまざまな支援サービスを受けることができます。各サービスの内容についてご紹介します。 ひとり親家庭が受けられる制度3つ ひとり …

ひとり親(母子父子)家庭支援の対象者とは シングルマザーを支える公的制度を解説

ひとり親(母子父子)家庭支援の対象者とは シングルマザーを支える公的制度を解説

2018/08/09   こども保険を学ぶ

ひとり親家庭への支援があることは、広く知られています。ところが、似た境遇でお互いに苦労しているシングルマザー同士で会話をしていて、「受け取っている児童扶養手当の金額が彼女とわが家とは違うらしい。」とか …

子どもの教育費と生活費に備える、母子家庭(シングルマザー)の生命保険の選び方

子どもの教育費と生活費に備える、母子家庭(シングルマザー)の生命保険の選び方

シングルマザーの方にとって大きな心配事のひとつにあげられるのが、「子どもの教育費」や「ご自身の将来の収入」、「自分に万が一の場合の子供の生活費」など、経済的な要因が大きいといえます。そんなシングルマザ …

子どもの医療費は無料?地域で受けられる医療費助成制度とは

子どもの医療費は無料?地域で受けられる医療費助成制度とは

2016/04/14   こども保険を学ぶ

幼い子どもは、季節の変わり目や環境の変化など、ちょっとしたきっかけで何かと体調を崩しがちです。その度に医療機関に支払う支出は、親御さんにとって痛い出費です。そんな経済的な負担をカバーするのが、子どもに …

子育て費用はいくら必要?幼稚園から大学卒業までの教育費

【保存版】子育て費用はいくら必要?幼稚園から大学卒業までの教育費をFPが解説

2016/04/14   こども保険を学ぶ

子どもには希望する進路を進んでほしい。そのために教育資金を貯めようと思ったとき、まず知っておきたいのが、「いったいいくらかかるの?」ということではないでしょうか。私立や公立など希望する学校や進路により …