総合保険比較
&お役立ち情報

持病死亡保険

お気軽にご相談ください
0120-558-483

【受付時間】10:00~17:00(土日祝日、年末年始を除く)

公開:

うつ病になっても入れる、うつ病でも入りやすい生命保険(死亡保険)一覧

うつ病になっても入れる うつ病でも入りやすい死亡保険

「うつ病」は、現代社会を代表する病気の一つです。
生命保険は、基本的に持病があると入りにくい傾向があります。うつ病などの精神疾患でも同様です。

では、うつ病と診断されたり、治療のために投薬や通院をしている時には、生命保険に加入できるのでしょうか。

うつ病の方が、生命保険(死亡保険)に加入する際の注意点や、うつ病でも入りやすい保険についてまとめました。

うつ病でも死亡保険に加入できる?

ほとんどの生命保険には、加入時に健康に関する審査があります。

現在の健康状態や今までの治療の有無、経過をもとに、保険への加入が可能かどうか判断されます。
ですから、現在うつ病で通院や投薬を受けている場合には、申し込む際にその旨の告知が必要です。

うつ病であることを告知すると、治療内容や保険会社の判断にもよるものの、残念ながら一般的には標準の死亡保険への加入は難しいようです。

ただし、現在治療中なのか、過去にうつ病の経験があったが現在は治療を終えているかで、取扱いが異なることもあるようです。

うつ病の治療中は標準の死亡保険へ加入が難しい

現在治療を続けている最中であるか、最近に診察を受けたり、薬を処方してもらったばかりという場合は、生命保険への加入は難しいと考えられます。

告知では「直近3か月以内に医師の診察・検査・治療・投薬をうけたことがありますか?」のような質問を問われるためです。

告知はうつ病に限らず、何らかの病気やケガでの受診や検査、投薬が対象ですが、うつ病の治療中には比較的短期間に継続して通院したり、薬を飲んだりするケースがありますので、この項目に該当する可能性があります。

もし、告知項目に該当する場合には、その項目にチェックをつけたうえで、詳細な記入が求められます。一般的には、うつ病の場合には下記を問われることが多いようです。

うつ病など精神疾患について、加入前の審査で必要となる告知内容
  • 診断された病名
  • 治療内容
  • 治療期間
  • 服薬の内容(薬剤名・投薬の期間)
  • 入院の経験(入院期間) など

※告知内容や項目は保険会社によって異なります。

過去のうつ病の治療経験も告知が必要

では、過去にうつ病の経験があって、現在は治療を受けていない場合はどうでしょうか。保険加入の審査では、過去の治療状況の告知も必要です。

具体的には「過去5年以内に、病気やケガで初診日から終診日まで7日以上の期間にわたり、医師の診察・検査・治療を受けたことがあるか」といった項目があります。

過去の治療履歴も問われますので、保険に加入する時点で治っていても、上記のような詳細を告知する必要があります。

告知した内容によっては、うつ病の治療が終わった後であっても、一定期間は保険への加入が難しいことがあるようです。

うつ病でも入りやすい!死亡保険一覧

しかし、標準的な死亡保険への加入が難しい場合にも、まったく保険に加入できないとは限りません。
うつ病を含め、持病がある方向けに、告知項目を少なくしたものや告知自体を無くした死亡保険があります。

告知項目が少ない「引受基準緩和型」の死亡保険

持病がある人でも入りやすいように、告知項目の数を少なくしたのが、「引受基準緩和型」の死亡保険です。問われる告知の質問事項は3~5つで、いずれにも該当しなければ申し込むことができます。

保険会社により多少の違いはありますが、おもに以下のように、直近3カ月以内に入院・手術をすすめられたことがないか、2年以内に入院や手術をしたことがないかなどを問われます。

引受基準緩和型死亡保険の告知項目の例
  • 3か月以内に入院・手術をすすめられたことがある
  • 1年または2年以内の入院・手術の経験がある
  • 5年以内にがんなど所定の病気にかかったことがある

※告知内容や項目は保険会社によって異なります。

すべてに該当しなければ、うつ病で投薬や通院をしていても申込みができます。
ただし、引受基準緩和型の保険は標準的な死亡保険に比べて保険料が割高です。

もっと詳しく商品一覧で比較

告知を無くした「無選択型」の死亡保険

告知自体をなくし、加入において健康状態を問わない「無選択型」という死亡保険もあります。

うつ病を含め、現在の健康状態や過去の入通院歴などを問われませんので、治療中や最近に治療を受けたことがある人でも加入できます。
ただし、保険料は標準の死亡保険に比べて割高です。

もっと詳しく商品一覧で比較

申込時はうつ病の病状を告知して、保険加入できるか確認を

このように、うつ病の人が死亡保険に加入するとき、治療中の場合は加入が難しい可能性があります。

治療を終了した後でも一定期間は告知が必要で、加入が難しくなる場合もあります。そのようなときには保険料が割高ではあるもの、うつ病でも入りやすい死亡保険もあります。

加入を希望するときには、治療状況や現在の健康状態を正しく告知して、加入できるか確認してみましょう。
保険会社や保険代理店で、加入可否について相談できることもあります。

万が一に備えて、あなたにぴったりの保険をさがす

  • 執筆者プロフィール

     ライフィ編集部

    ライフィ編集部

    「お困りごと解決のためのお役立ち情報サイト」を目指し、生命保険・損害保険を中心に、健康や家計などさまざまな情報を掲載しています。メンバーは独自の視点でお客さまのお困りごとに日々耳を傾け、編集・発信しています。

執筆者・監修者一覧

カテゴリー:持病死亡保険 持病医療保険
タグ:

どんなことでもお気軽に
保険に関するお悩みに
専門の担当者が親身にお答えします
まずはお電話ください
0120-558-483

【受付時間】10:00~17:00(土日祝日、年末年始を除く)

メールでのお問い合わせはこちら
LINEでもお気軽にご相談ください

LINE友だち登録はこちらから
【受付時間】10:00~17:00(土日祝日、年末年始を除く)

LINEでもお気軽にご相談ください

LINE友だち登録はこちらから
【受付時間】10:00~17:00(土日祝日、年末年始を除く)