総合保険比較
&お役立ち情報
お気軽にご相談ください
0120-558-483

【受付時間】10:00~17:00(土日祝日、年末年始を除く)

公開:

自動車コラム「知識はなくてもクルマは走る」 自動車コラム「知識はなくてもクルマは走る」

洗車後の拭き上げは必要?走って乾かすのはダメ?

執筆者

山田 弘樹
モータージャーナリスト、日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、A.J.A.J.(日本自動車ジャーナリスト協会)会員 >プロフィールを見る

クルマのボディはお肌と同じ!

先日ガソリンスタンドで機械洗車の列に並んでいると、洗車をしたあとに吹き上げをしている人が沢山いました。
洗った後そのまま走って乾かしてはいけないのでしょうか?同じようにしている人もいるので大丈夫だと思っていたのですが、気になって質問しました。

(30代会社員・女性)

クルマのボディはお肌と同じ! きちんとケアを

洗⾞をしたら、ぜひとも愛⾞の拭き上げはして欲しいですね︕
その時間がないのであれば、むしろ洗⾞はしない⽅がいいかもしれません。

ボディに残った水滴が大敵

ボディ拭き取り

「でも晴れていれば⾃然に乾くし、⾛っていれば⾵で乾きますよ︖」
と思うかもしれないですが、⽇光で乾かされた⽔滴は、ウォータースポットというシミになってしまいます。
⽔道⽔の中に含まれる成分が、⽔が蒸発したことで塗装⾯に残り、取れなくなってしまうんですね。
これがひどい状態になると、塗装⾯を磨いても消えないほどになってしまいます。

⾛って⽔滴を⾶ばしてしまうのは楽なのですが、道路はホコリも舞っているため、これが洗い⽴てのボディに付着してしまうのも細かな傷を付ける原因になります。
クルマのボディはお肌と同じ。きちんとケアしてあげてくださいね。

⾬の後に⽔滴を取るだけでシミ予防に

⾬が降った⽇は⽬の粗くないタオルでさっと⽔滴を吸い取ってあげるだけでも、⾬ジミが防げます。
これをしてあげるだけでボディはもちろん、ガラスやサイドミラーのシミを防⽌することもできます。

ボンネットやドア、トランクルームもチェックしてみては

そして︕是⾮⼀度クルマを洗った後に、ボンネットやドア、トランクルームを開けてみて下さい。そこには沢⼭の⽔滴が付いているはずですよ。こうした部分は、クルマを⾛らせても⾵が当たらないんです。

普段から拭き上げていなければそこにはホコリが溜まっているため、クルマはどんどん汚れて⾏きます。
逆にいうとこうした部分がきれいなだけで、「クルマを⼤切にしているんだなぁ」って思われるのではないでしょうか。

  • 執筆者プロフィール

    モータージャーナリスト 山田 弘樹

    山田 弘樹(やまだ こうき)

    モータージャーナリスト
    日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、A.J.A.J.(日本自動車ジャーナリスト協会)会員
    自動車雑誌「Tipo」の副編集長を経験。数々のレースにも参戦。2018年「スーパー耐久富士スーパーテック24時間」ではドライバーとして2位獲得。執筆活動、レースレポート、ドライビングスクール等の講師、メーカー主催イベントの講演など行う。
気になった記事をシェアしよう!

タグ:

どんなことでもお気軽に
保険に関するお悩みに
専門の担当者が親身にお答えします
まずはお電話ください
0120-558-483

【受付時間】10:00~17:00(土日祝日、年末年始を除く)

メールでのお問い合わせはこちら
LINEでもお気軽にご相談ください

LINE友だち登録はこちらから
【受付時間】10:00~17:00(土日祝日、年末年始を除く)

LINEでもお気軽にご相談ください

LINE友だち登録はこちらから
【受付時間】10:00~17:00(土日祝日、年末年始を除く)

人気保険ランキング
すべて見る