総合保険比較
&お役立ち情報

国内旅行保険

チェック済み商品を資料請求する
選択商品数1

更新:(公開:2022年9月28日)

台風や悪天候で飛行機が遅延・欠航したら?ホテル代やキャンセル料など対応できる保険を解説

台風で飛行機が遅延・欠航したら?宿泊費やキャンセル費など対応できる保険を解説

遅延や欠航など、飛行機での旅行では思わぬスケジュール変更に見舞われることがあります。

もし台風などで飛行機が予定通りに飛ばなかったら、払い戻しはあるのでしょうか?
また飛行機の予定変更によってホテル代やキャンセル料などの追加費用がかかるリスクに、保険で備えることはできるのでしょうか?

飛行機の遅延・欠航に関わる費用と、対応できる保険について解説します。

台風や悪天候で飛行機が遅延・欠航した時、費用はどうなる?

飛行機が予定通りに出発しなかった場合、航空券代などの費用負担はどうなるのでしょうか?

まずは航空券の払い戻しや変更について確認してみましょう。

航空券の変更手数料は基本的にかからない

台風や豪雨、豪雪といった悪天候、自然災害などが原因で飛行機が所定の時間以上大幅に遅延したり、欠航した場合には、同じ会社の他の便へ航空券を変更できる航空会社が多いようです。

基本的には変更のために手数料がかかることもないようです。

早期割引のチケットや特別便の場合には変更可能な回数に制限があったり、LCC(格安航空券)の場合は手続きできる期間の制限が大手航空会社に比べて短いといった細かな取扱いが異なる場合があります。

航空券代の払い戻しもできる

悪天候が原因で遅延・欠航した場合には、航空券の払い戻しも可能です。

搭乗をキャンセルして、代金を払い戻してもらいます。キャンセル料など手数料はかからない航空会社が多いようです。

払い戻しは、航空券の種類や航空会社によって対象になる範囲や要件、手続き可能期間などが異なる場合があります。詳細は航空会社に確認してみましょう。

スケジュール変更でかかる費用はどうなる?

航空券だけでなく、ホテルのキャンセル料や急きょの延泊代金、旅先で予約していたアクティビティなどのキャンセルが必要になることもあるでしょう。

すると、飛行機以外にも追加の費用が発生するかもしれません。航空券以外のキャンセルで発生するお金は、自己負担になる可能性があります。

延泊するときのホテル代

旅の途中で台風など悪天候が原因で飛行機が欠航・遅延すると、乗り継ぎ便に乗れなかったり、旅先から出発できずやむを得ず延泊したりするおそれがあります。

台風のように航空会社以外の事由による欠航・遅延では、航空券代以外にかかった諸費用については航空会社からの補てんは基本的にないため、ホテルの延泊料金などは全額が自己負担になる可能性があります。

ホテル代以外の滞在費用

また、飛行機が遅延・欠航したために代わりに鉄道やタクシーに乗った場合の交通費や、延泊に要した食事代や日用品費などの滞在費用も自己負担になります。

スケジュール変更に伴うキャンセル料

悪天候や飛行機の都合で旅行のスケジュール変更があると、旅先で泊まるはずだったホテルや観光アクティビティ、イベントなどを予定通りに利用できず、キャンセル料が発生することもあります。

このような費用も、原則として航空会社からの補てんはありませんので、キャンセル料は自己負担になると考えられます。

かかった費用に対応できる保険

では、飛行機の遅延や欠航でかかる追加費用に備える方法はあるでしょうか?対応できる可能性のある保険の種類を挙げてみましょう。

国内旅行保険の航空機欠航補償など

国内旅行保険のなかには、航空機の欠航や遅延などで生じた費用の補償を付けられるものがあります。「航空機遅延費用」や「航空機欠航費用」などといった名称の補償です。

飛行機の欠航や大幅な遅延によって旅行のスケジュールをやむを得ず変更し、そのために必要になった宿泊代や交通費などが対象になるものが中心です。

保険会社によって細かな補償内容や名称が異なり、基本のプランにセットされていたり、オプションとして付加できたりします。基本的には、いずれも航空券代ではなく欠航・遅延に伴って発生した付随費用が補償されます。

国内旅行保険では、飛行機のトラブルだけに備えるものはあまりなく、旅行中のケガへの補償などとセット・パッケージで契約するのが一般的です。

航空機の欠航補償がついた国内旅行保険

旅行キャンセル保険

上記の、国内旅行保険に付帯する補償は基本的に、自宅を出て旅行に出発した後に飛行機が欠航や遅延をしたときが対象です。これに対して、旅行に出発する前に発生した飛行機の欠航や遅延、運休が対象になる保険もあります。

「旅行キャンセル保険」などと呼ばれる保険で、所定の理由で航空券や旅行をキャンセルしたときに、航空券代やキャンセル料などの一部または全額が保険金として支払われます。

台風での飛行機の遅延、欠航、運休によるキャンセルのほか、本人や家族の病気やケガに関わるキャンセルなども対象になるのが一般的です。

旅行キャンセル保険は国内旅行保険とセットで契約するもののほか、キャンセル保険のみ単独で契約できるものもあるようです。

もっと詳しく商品一覧で比較

飛行機の欠航・遅延時には変更や払い戻しの条件を確認し、諸費用への備えを

天候の状況は先が読めないものです。もしも台風などで飛行機が飛ばなかったときには、基本的には所定の手続きをすれば航空券代が払い戻されます。

しかし旅行のスケジュールが変わり急遽必要になったホテル代やキャンセル料など、航空券代以外にかかった費用は自己負担する可能性があります。

こうした事態に、国内旅行保険や旅行キャンセル保険などを活用できるかもしれません。

もしもに備えて、旅行や航空券のキャンセル規定など条件を確認するとともに、かかる費用のことも意識しておくと安心ですね。

もっと詳しく商品一覧で比較
もっと詳しく商品一覧で比較

  • 執筆者プロフィール

     ライフィ編集部

    ライフィ編集部

    「お困りごと解決のためのお役立ち情報サイト」を目指し、生命保険・損害保険を中心に、健康や家計などさまざまな情報を掲載しています。メンバーは独自の視点でお客さまのお困りごとに日々耳を傾け、編集・発信しています。
気になった記事をシェアしよう!

執筆者・監修者一覧

タグ:

最新!人気の海外旅行保険ランキング最新!人気の海外旅行保険ランキング
保険に関するお悩みに
専門の担当者が親身にお答えします
どんなことでもお気軽に
\受付中!/

店舗窓口でのご相談も行っています。
ご希望される方は事前にご連絡ください。

メールでのお問い合わせはこちら
LINEでもお気軽にご相談ください

LINE友だち登録はこちらから
【受付時間】10:00~17:00(土日祝日、年末年始を除く)

LINEでもお気軽にご相談ください

LINE友だち登録はこちらから
【受付時間】10:00~17:00(土日祝日、年末年始を除く)

人気保険ランキング
すべて見る