総合保険比較
&お役立ち情報
お気軽にご相談ください
0120-558-483

【受付時間】10:00~17:00(土日祝日、年末年始を除く)

公開:

自動車コラム「知識はなくてもクルマは走る」 自動車コラム「知識はなくてもクルマは走る」

エンジンオイルの交換はしなくても大丈夫?

執筆者

山田 弘樹
モータージャーナリスト、日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、A.J.A.J.(日本自動車ジャーナリスト協会)会員 >プロフィールを見る

エンジンオイルの交換はしなくても大丈夫?

実家の母親が昨年中古で車を買いました。
1年経過したことでディーラーから「オイル交換の案内」が来ているらしいのですが、未だにオイルの交換をしていないそうです。
もっと驚いたのは、その理由が「今まで乗っていた車もオイル交換したことがないので大丈夫!」というもの。
オイルって交換しなくても大丈夫なのですか!?

(30代会社員・女性)

オイル交換でクルマに愛着を

かなり強者なお母さまですね(笑)
これはある意味合っていて、ある意味間違っていると言えます。

オイルはエンジンを保護する潤滑油

そもそもオイルとは、エンジン(やギアなど)を保護するためのもの。鉄と鉄がこすれ合って動くときに、その間に膜を作って潤滑させる役目があります。

ですから激しくエンジンを回したりすれば、オイルは熱によって劣化します。劣化したままにしておくと潤滑作用が悪くなるので、これを交換するのが「オイル交換」なのです。

またエンジン内部にはガソリン燃料が燃え切らないことによってできた「カーボンスラッジ」が発生します。これとオイルが混ざり合うのですが、この汚れたオイルは「オイルフィルター」によってある程度除去されます。

オイル交換時期の目安は走行距離

エンジンオイル

では、いつになったらオイルを交換するべきなのか?
それは、オイルが性能を発揮しなくなってしまったとき。もっと正確に言えば、性能を発揮しなくなる前に、交換することが必要です。

エンジンオイルは、一般的に「3,000km~5,000kmで交換」、もしくは「半年に1回の割合で交換」などと言われています。
このように交換時期がはっきりしないのは、クルマの性能や、ユーザーの使い方によって交換時期が変わってくるからです。同じクツを履いていても、人によってカカトの減り方が違うのと一緒ですね。

たとえば毎月3,000km走るような場合でも、エンジンをほどよく回して走らせた場合と、 少し走っては止め 、少し走っては止め…と走らせた場合とではオイルの消耗の仕方が違います。後者の方がエンジンの熱で発生した水蒸気を気化させにくい場合が多く、水蒸気がオイルに混ざって性能を落としてしまうことがあるのです。

走らなくてもオイルの酸化で劣化することも

また1年で1,000kmも走らないような場合、オイル自体はきれいなままでも、劣化していることがあります。保管状況が悪いとエンジンやオイルパン内部のオイルが酸化してしまうのです。
最近のオイルはほとんどが化学合成オイルなので酸化しにくく作られていますが、オイルは缶から外に出した時点で劣化が始まっているのです。

また最近は、ディーラーのメンテナンスでも「次の車検までオイル交換の必要なし」など、そのサイクルを長めに取っている自動車メーカーが増えています。
これは自動車メーカーが、環境保護の観点から汚れたオイルをなるべく廃棄しないようにしているから。そのためにエンジンを高性能化し、長持ちする専用のエンジンオイルを開発しています。

しかし年間の走行距離が極端に多かったり、オイルを劣化させてしまうような使い方をするユーザーには、当然これは当てはまりません。

オイルはエンジンにとって大切な存在

エンジンオイルはエンジンを保護して、汚れを取ってくれる大切な存在です。ある程度はまめにオイルの様子とオイル量をチェックして、交換時期を推測してあげましょう。

またオイルを新品に交換したあとの、クルマの様子を覚えていてあげるのもよいでしょう。エンジンが元気になったように感じたらそれは「交換時だった」と言えます。
そしてこうした経験が増えてくると、クルマを管理するのが楽になります。そして愛着が沸いてきます。

自動車用語カンタン解説

カーボンスラッジとは?

カーボンスラッジとは、エンジン内部で燃え残ったエンジンや、それと混ざったオイルによってできる煤(すす:炭化しているのでカーボン)の沈殿物(スラッジ)です。
これらはエンジンオイルフィルターによって除去されますが、放置しておくとフィルターが目詰まりを起こして、エンジン内部に溜まってしまいます。ですから定期的なオイルとオイルフィルターの交換が必要なのです。
  • 執筆者プロフィール

    モータージャーナリスト 山田 弘樹

    山田 弘樹(やまだ こうき)

    モータージャーナリスト
    日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、A.J.A.J.(日本自動車ジャーナリスト協会)会員
    自動車雑誌「Tipo」の副編集長を経験。数々のレースにも参戦。2018年「スーパー耐久富士スーパーテック24時間」ではドライバーとして2位獲得。執筆活動、レースレポート、ドライビングスクール等の講師、メーカー主催イベントの講演など行う。
気になった記事をシェアしよう!

タグ:

どんなことでもお気軽に
保険に関するお悩みに
専門の担当者が親身にお答えします
まずはお電話ください
0120-558-483

【受付時間】10:00~17:00(土日祝日、年末年始を除く)

メールでのお問い合わせはこちら
LINEでもお気軽にご相談ください

LINE友だち登録はこちらから
【受付時間】10:00~17:00(土日祝日、年末年始を除く)

LINEでもお気軽にご相談ください

LINE友だち登録はこちらから
【受付時間】10:00~17:00(土日祝日、年末年始を除く)

人気保険ランキング
すべて見る