総合保険比較
&お役立ち情報
お気軽にご相談ください
0120-558-483

【受付時間】10:00~17:00(土日祝日、年末年始を除く)

公開:

自動車コラム「知識はなくてもクルマは走る」 自動車コラム「知識はなくてもクルマは走る」

ブースターシートとは?何歳から使える?

執筆者

山田 弘樹
モータージャーナリスト、日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、A.J.A.J.(日本自動車ジャーナリスト協会)会員 >プロフィールを見る

ブースターシートとは?何歳から使える?

前号(もうすぐ3歳、ジュニアシートへの切り替え時はいつ?)で、ジュニアシートへの切り替え時についてお話しした際、その一種としてご紹介したブースターシート。
今回はブースターシートについてお話したいと思います。

ブースターシートは子どもの身長に合わせて利用を

ブースターシートの魅力は、何と言ってもお子さんが大きくなるまで使えることでしょう。コンパクトで軽い上に、装着もラクですし、値段も数千円~とお手頃。

「うちの子はしっかり座れるし、この先ずっと使えるなら、これにしようかな」と、買い替え候補に入れられるかも知れません。
ですが、ちょっと待ってください!

もしブースターシートを買おうか迷っていらっしゃったら、ぜひこれからお話しする内容を踏まえた上で、お子さんに合うかどうかを検討してただきたいなと思います。

ブースターシートって何?

ブースターシート

そもそもブースターシートって何でしょう?
形状で言うと、背もたれやヘッドレストのない座布団のようなシートのこと。子供は大人と同じく、クルマのシートベルトを装着することで自分の身体を固定します。

このブースターシートの利用シーンをイメージすると、できればお子さんの身長が125㎝を超えるまでは、控えていただきたいのがホンネです。

というのも、ブースターシートの役割は、子供が座った時のポジションを約10㎝ほど上げて大人用のシートベルトを使えるように補助すること。ですが肝心なクルマ用シートベルトは、概ね身長135~140㎝以上の体格に合わせて作られているのです。
つまり、それに満たない身長のお子さんが装着しても、本来の安全性を発揮できない可能性があります。

ブースターシートデビューは小学校にあがってから

逆算すると、125㎝以上の子供がブースターに座れば問題ありませんが(125cm+10cmで135cm)、それより背の低いお子さんではシートベルト着用の効果が発揮しにくい。

また3、4歳くらいの子供は、クルマの中でよく寝てしまいます。そのときヘッドレストのないブースターシートだと、頭がグラグラした時にシートベルトが首に食い込む心配もあります。

ですからブースターシートデビューは、随分先ですが、体が比較的しっかりしてくる小2~小3あたりから、と考えた方がよいと思います。それでもやはり、走行中はお子さんを気に掛けて下さいね。

なお、欧州の子供用シートにおける安全基準「R129」では、ブースターシートの使用は身長125㎝、体重22kg以上にすべきとされています。

結局、いつ何を選べばいいの? 

子供の成長は待ったなし。ほとんどの方がお子さんの成長に合わせて迷い・悩みながら「次はどのシートを買うべき?」「法的には何才まで必要?」と疑問を持たれていると思います。

子供用シートの呼び方や区分はメーカーによっても異なりますが、シート自体は主に「乳児用」「幼児用」「学童用」の3種類に分類されます。一般的には乳児用をベビーシート、幼児用をチャイルドシート、学童用をジュニアシートブースターシートを含む)と呼ぶことが多いようですね。

以下はタイプ分けの一例ですので参考にしてください(JAFサイトより)。 

タイプ タイプ
ベビーシート ~1才、
体重10kg位まで
チャイルドシート 1~4才、
10~18kg位まで
ベビー & チャイルドシート ~4才、
18kg位まで
ベビー ~ ジュニアシート ~7才、
25kg位まで
ジュニアシート 4~10才、
15~36kg位まで

日本の子供用シートは、欧州の安全基準(旧基準の「R44」と最新基準の「R129」)を採用しています。

ちなみに「R129」では、より体型に合わせたシートを選べるよう、使用時期の区分が体重から身長別へと変更されました。現在は、「R44」と「R129」に対応したシートが並行販売されていますので、これからシートを買われる方はどちらの規格に対応しているか確認して選んでもいいですね。

シートベルト正しい位置で付けられるかがポイント

とにかくシート選びで大切なことは、シートベルトを正しい位置に付けることができ、体に馴染むこと。育ち盛りのお子さん相手だとどうしても余裕のあるものを……と考えがちですが、命はお金で買えません。

JAFなどでもチャイルドシート講座は開催されていますし、販売店などではプロの話を聞きながら、じっくりお子さんの体に合うシートを選んで欲しいと思います。

そうは言ってもシートを購入したら、できるだけ長く使いたい気持ちもわかります。というわけで次号では、最近人気の兼用モデルについて更に詳しくみてみましょう

  • 執筆者プロフィール

    モータージャーナリスト 山田 弘樹

    山田 弘樹(やまだ こうき)

    モータージャーナリスト
    日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、A.J.A.J.(日本自動車ジャーナリスト協会)会員
    自動車雑誌「Tipo」の副編集長を経験。数々のレースにも参戦。2018年「スーパー耐久富士スーパーテック24時間」ではドライバーとして2位獲得。執筆活動、レースレポート、ドライビングスクール等の講師、メーカー主催イベントの講演など行う。

気になった記事をシェアしよう!

タグ:

どんなことでもお気軽に
保険に関するお悩みに
専門の担当者が親身にお答えします
まずはお電話ください
0120-558-483

【受付時間】10:00~17:00(土日祝日、年末年始を除く)

メールでのお問い合わせはこちら
LINEでもお気軽にご相談ください

LINE友だち登録はこちらから
【受付時間】10:00~17:00(土日祝日、年末年始を除く)

LINEでもお気軽にご相談ください

LINE友だち登録はこちらから
【受付時間】10:00~17:00(土日祝日、年末年始を除く)

人気保険ランキング
すべて見る