【専門家が解説】ライフィ保険ニュース解説【専門家が解説】ライフィ保険ニュース解説

2020年4月から自賠責保険が値下げ

2020年4月から自賠責保険が値下げ|ライフィ保険ニュース解説

クルマの自賠責保険の保険料が、2020年4月1日から引き下げられました。

値下げで保険料はどれくらい安くなる?
そもそも自賠責保険はどんな保険?
自賠責保険の内容やしくみと合わせてFPが解説します。

ニュースのポイント

  • 4月から自賠責保険の保険料が約16%引き下げ
  • 引き下げの理由は交通事故の減少
  • 自賠責保険に加え任意の自動車保険に加入すると安心

4月1日から自賠責保険が平均16.4%引き下げ

2020年4月1日から、自賠責保険の保険料が引き下げられました。引き下げは2017年以来約3年ぶりで、車種により約10%~17%、全車種の平均で16.4%、保険料の料率が低くなりました。

値下げの対象になったのは4月1日以降に保険期間が開始する自賠責保険。保険料は地域や車種、保険期間などによって異なりますが、たとえば自家用車で保険期間が2年の場合の保険料は25,830円(離島以外の地域(沖縄県を除く))から21,550円になりました。

ほか、引き下げ後の自賠責保険の保険料は下記をご参照ください。

保険料の引き下げの理由は交通事故の減少

金融庁によると、今回、自賠責保険の保険料が引き下げられたのは、交通事故が減ったことが理由のひとつということです。本来、自賠責保険は事故によっておりる保険金の総額と、あらかじめ自動車を持っている人が支払う保険料の総額が見合う、つまりほぼ収支が同じになるしくみになっています。

自賠責保険を含め、保険の保険料は統計学的に見込んだ事故率をもとに決まりますが、それよりも実際に起きた事故の件数が少ないと、保険会社が支払う保険金が想定よりも少なく済むため、契約者から集めておいた資金が過剰になってしまいます。

そこで今回、実際に起きた事故の損害率から自賠責保険の料率を見直した結果、今後の契約については保険料が引き下げられることになりました。

用語解説

自賠責保険とは?

自賠責保険は、法律によってすべての自動車が加入する保険です。クルマの運転中の事故によって人を死傷させてしまった際に、被害を受けた人が最低限の賠償を受けられるようにするためです。
自分が起こした事故で人にけがをさせてしまった、死亡させてしまったりしたときに保険金がおり、相手への賠償にあてられます。

加入が義務づけられているのは、自家用車はもちろん、営業用の乗用車や貨物自動車、トラック、バイクなどの二輪車や原動機付き自転車も含みます。車やバイクの販売店のほか、保険会社で契約できます。

※出典:金融庁「第140回・第141回自動車損害賠償責任保険審議会の開催結果について」

この保険ニュースの解説者

  • ファイナンシャルプランナー 加藤 梨里

    加藤 梨里(かとう りり)

    マネーステップオフィス株式会社代表取締役
    CFP(R)認定者、金融知力インストラクター、健康経営エキスパートアドバイザー