更新:公開:2016年4月12日

生命保険の見直し方 3つのポイントと対処方法を詳しく解説

生命保険の見直し方 3つのポイントと対処方法を詳しく解説

毎月支払っている保険料、子どもの進学で教育費や生活費が増え、支払いが厳しくなってきた、ということがあるかもしれません。

また、子どもの成長に合わせ、保障を見直しする必要も出てくるかもしれません。ここでは、生命保険の見直しのポイントと、生命保険の見直し方について解説します。

生命保険見直しの3つのポイント

生命保険見直しのポイントは、大きく分けて3つあります。

  1. そもそも生命保険に加入した目的は何か?
  2. 必要以上の生命保険に加入し、保険料は支払いすぎていないか?
  3. 生命保険金の額が適切にセットされているかどうか?

1.生命保険に加入した目的は?

ご自身が加入されている生命保険がどんなものかご存知でしょうか?「よくわからないけど付き合いで加入した」「就職した時にとりあえず入っておいた方が良いかと思い加入した」など、そんな方はいま一度「どんな生命保険に加入しているのか?」調べてみましょう。
必要のない保険に加入し、必要以上の保険料を支払っているかもしれません。

また、生命保険に加入する目的にはいろいろあると思います。例えば、遺された家族が経済的に困らないようにとか、ケガや病気になった時に入院費用などに困らないようにとか、老後の生活資金としてとか、家族構成やその時の環境によっても異なると思います。ご自身が生命保険に加入する目的は何でしょうか。一度、書き出して整理してみてはいかがでしょうか。

そして、今加入中の生命保険が、生命保険に加入した目的に見合っているか確認してみましょう。

また、複数の保険に加入している場合には、それらの保険に加入する優先度合いもつけるとよいでしょう。そうすることで、余分に入っている保険が分かるかもしれませんし、逆に必要な保険に入っていない、といった事実がわかるかもしれません。

まずは家に保管してある生命保険証券を見つけて、生命保険の見直しの第1ステップとして生命保険加入の目的と加入した保険内容の整理をしてみましょう。

2.生命保険料は払いすぎていないか?

生命保険料が家計を圧迫している…そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか。
必要以上の保険に入っている場合、もしくは必要以上の保障額を設定している場合には、支払っている保険料が多すぎる場合があります。

加入した当時はよかったものの、現状を考えると生命保険料を支払うのがきつい、そう思われる方は生命保険の見直しが必要です。

生命保険の見直しの第2ステップとして、保険料に大きな負担がないかどうか、チェックしてみましょう。

3.生命保険金額は適切か?

生命保険の見直しの第3ステップは、保険金額が適切かどうかのチェックです。
適切な保険金額としては、将来にわたって必要となるお金(遺された家族の生活費・教育費・住居費など)から今ある貯蓄と入ってくるお金(遺族年金・配偶者の収入など)を差し引いた金額になります(通常この算出はファイナンシャルプランナーなどが業務として行っています)。

仮に算出した金額よりも現状加入している生命保険の保険金額が少ない場合には、保障額を増やす必要があります。

反対に、算出した金額よりも現状加入している生命保険の保険金額が多い場合には、保障額を減らすことを検討しましょう。

生命保険見直しのおすすめ対応法

それでは次に、生命保険の見直しによって、加入中の保険の変更が必要になった場合、どのように対処すればよいのでしょうか。

今加入している生命保険の保障額が少ない人、多い人、生命保険料の負担を軽くしたい人に分けてご説明いたします。

保障額が少ない場合は定期保険や特約で保障の上乗せを

現在加入している生命保険では保障額が足りない場合には、定期保険で死亡保障を上乗せしたり、特約を付けることで保障額をアップさせることができます。また、収入保障保険などでお子様が成長するまでをカバーする方法もあります。

保障額が多い場合は保険金額の減額や解約を

保障額が多い場合には、加入している生命保険の保険金額を削減する方法があります。そうすることで必要以上に払っていた保険料を減らすことができます。

もしくは優先度合いの低い保険がある場合は解約する方法もあります。

保険料が負担の場合は延長保険や払済保険で対応

生命保険料が負担なので、解約したい。そう考える方もいらっしゃるかもしれません。しかし、解約すると万が一の際に保障を受け取れなくなってしまいます。

生命保険に複数加入されている方は、最も必要性が薄いものの解約を検討してもよいかもしれません。しかし、生命保険に一つしか加入していない、また複数加入していてもすべて必要、という場合には、延長保険や払済保険への変更を検討してみてはいかがでしょうか。

延長保険は、保険料の払い込みを中止して、その時点での解約返戻金をもとに保険金額を変えずに定期保険に変更する方法をいいます。保険期間は、解約返戻金がいくらあるかによって変わってきます。

払済保険は、保険料の払い込みを中止して、元の契約の契約期間を変えずに保障額の少ない保険に変更する方法をいいます。ただし、延長保険、払済保険への変更でいずれも特約が消滅してしまう点には注意してください。

生命保険見直しのポイント図

このように、保険の見直しを行うことで、家計の負担は軽減や、将来に備えることができます。

ただし、日々家庭環境などは変化すると思いますので、見直しは1度ではなく、定期的に行うことが大切です。

  • 執筆者プロフィール

     ライフィ編集部

    ライフィ編集部

    「お困りごと解決のためのお役立ち情報サイト」を目指し、生命保険・損害保険を中心に、健康や家計などさまざまな情報を掲載しています。メンバーは独自の視点でお客さまのお困りごとに日々耳を傾け、編集・発信しています。

執筆者・監修者一覧

カテゴリー:生命保険を学ぶ