SBI損害保険株式会社とSB C&S株式会社(旧社名:ソフトバンク コマース&サービス株式会社)は、SBIグループの関係者を対象にテレマティクスサービスの提供に向けて、自動緊急通報サービス(自動eCall)対応デバイスより収集する運転行動データを分析する実証実験を開始すると発表しました。

2019年2月から実施する実証実験では、実験環境をSB C&S株式会社が提供し、ボッシュ株式会社の「テレマティクスeCall プラグ」(自動eCall対応のデバイス、運転行動データに加え衝突事故の検知が可能)と、ソフトバンク・テクノロジー株式会社の「IoT Core Connect」(IoT活用に必要なサービスをつなげるプラットフォームサービス、データの収集・蓄積・分析が可能)を採用します。

実証実験の結果をもとに、SBI損保は、テレマティクス保険などドライバーの安全と利便性を向上させるサービスの開発を検討するということです。

文: 蟹山淳子