MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社、MS&ADインターリスク総研株式会社と国立大学法人東京大学、芝浦工業大学は、「気候変動による洪水リスクの大規模評価(LaRC-FloodTM)」プロジェクトを2018年5月16日から開始したと発表しました。

同グループホールディングスとインターリスク総研は、気候変動分野について多数の実績を有する芝浦工業大学工学部の平林 由希子教授、東京大学生産技術研究所の山崎 大准教授と共同で、気候変動による洪水リスクへの影響評価の研究および研究成果の社会への還元について、共同で取り組むこととなりました。

同グループプレスリリースによれば、プロジェクトの概要は以下の通りです。
(1)「気候変動による洪水頻度変化予測マップ」の一般公開
平林教授、山崎准教授等による2013年の研究について、このたび企業担当者などが気候変動リスクを把握するための参考情報として、その成果をweb-GIS(地理情報システム)で閲覧できるようにし、以下のサイトで公開しました。
http://www.irric.co.jp/LaRC-Flood
(2)洪水に対する温暖化の影響の定量的評価研究
気候変動と洪水リスクの関係を明らかにすることを目的とし、アジアの大河川を対象に、過去の洪水の発生確率に関する温暖化の影響を広域かつ定量的に評価します。本研究は MS&ADインターリスク総研株式会社、国立大学法人東京大学及び学校法人芝浦工業大学の三者によって既に進行中です。

文: 蟹山淳子