三井住友海上火災保険株式会社は、2020年から、ドローンとAIを活用した、水災時の新たな損害調査を開始すると発表しました。

この損害調査では、被災後にドローンで上空から浸水地域を撮影し、地表の3Dモデルを作成するとともに、AIによる流体シミュレーション技術(※)を有するアリスマー社がデータ解析することにより、迅速かつ正確に被災地域における浸水高の算定が可能になるということです。

これにより、従来のように一件一件立会調査を実施することなく、広域に被災された家屋の状況を正確に把握することができ、顧客へ迅速な保険金支払いが可能となるとのことです。

※アリスマー社が保有している技術で、地図上で水量や水の流れを解析し、浸水状況の正確なシミュレーションを行う。

出典:ドローンとAIを活用した水災損害調査の開始について