株式会社BEDOREは、2019年12月13日より、大同生命保険株式会社に対し、対話エンジン「BEDORE(べドア) Conversation」をLINE WORKSと連携し提供を開始したと発表しました。

大同生命では、全国の支社や本社から、保険契約・サービス・社内制度に関する各種事務手続きや、社内システムについての照会が本社の各担当部門に多く寄せられており、照会対応業務のさらなる効率化が課題だったとのことです。
そのため、会話精度が高くメンテナンスも簡易な同社の自動応答エンジン「BEDORE Conversation」を導入することとなったということです。

契約手続きや総務、社内システム等のカテゴリー毎に回答の出し分けをしつつ、以前より利用していたビジネス版LINEであるLINE WORKSとBEDORE Conversationを連携させることにより、外出先でもセキュリティと利便性を保ったまま迅速に情報確認が出来る仕組みを構築したということです。

出典:対話エンジンBEDORE Conversationを社内問い合わせ用エンジンとしてLINE WORKSと連携し大同生命に提供開始