SOMPOひまわり生命保険株式会社は、12月24日、糖尿病患者向けの医療保険ブルー(糖尿病患者向一時金給付医療保険)を発売しました。

国内の糖尿病患者数は約300万人おり代表的な慢性疾患で年々罹患者数が増えていることから、同社は糖尿病患者の治療の継続を支援することを目的として、保険+重症化予防という新たな価値「Insurhealth®(インシュアヘルス)」を提供するということです。

糖尿病などの慢性疾患管理アプリ「シンクヘルス」を提供するH2株式会社と業務提携を行い、アプリを活用したHbA1c値(※過去1~2か月の血糖値の平均を反映するもの)などの継続管理を推奨することで、糖尿病患者の重症化予防を応援するとのことです。

出典:【健康応援型商品】糖尿病の方のための医療保険「ブルー」発売