日本生命保険相互会社は、リライアンス・グループ傘下のリライアンス・キャピタル社(以下、「RCAP」)との間で、RCAPが保有するリライアンス・ニッポンライフ・アセットマネジメント社(以下「RNAM」)の株式を取得する売買契約(以下、同契約)を締結したと発表しました。

現地公開買付規則に基づく公開買付および同契約に基づくRCAPからの取得により、RNAM株式32.125%を452億ルピー(約728億円)にて追加取得することで、同社はRNAM株式を75%保有することとなります。

同社はRNAMと、2012年8月の出資以降数々の協力関係を構築しており、また、投資信託預り資産が着実に増加しているRNAMの堅調な経済発展等を背景に、今後も成長が期待できるインド資産運用市場におけるRNAMのプレゼンス向上をサポートすべく、RNAM株式の追加取得を行うということです。
また、追加取得完了後にRNAMは同社の子会社となる予定とのことです。

なお、同社は、リライアンス・グループ傘下のリライアンス・ニッポンライフ・インシュアランス社(以下、「RNLI」)への出資を通じて、インドにおいて生命保険業も行っており、引続き、同社の経験・ノウハウの提供等により、RNLIの安定的かつ持続的な成長の実現を目指すということです。

出典:リライアンス・ニッポンライフ・アセットマネジメント社株式の追加取得について