第一生命保険株式会社は、大阪府豊中市の禁煙事業「とよなか卒煙プロジェクト」を対象とする世界初の禁煙ソーシャル・インパクト・ボンドに対し、ESG 投資の一環であるインパクト投資として1,200万円の投資を実施したと発表しました。

民間資金を活用して社会課題を解決する新たな官民連携手法であるソーシャル・インパクト・ボンドへの投資は、国内生命保険会社として初めての取組みとのことです。

同社は、今回の投資を通じて、投資収益を期待するとともに、喫煙や受動喫煙による疾病の予防と健康寿命の延伸(社会的インパクト)が期待される「とよなか卒煙プロジェクト」の取組みを資金面からサポートし、その進捗状況を継続的にモニタリングしていくということです。

出典:【インパクト投資】世界初の禁煙ソーシャル・インパクト・ボンドへの投資~豊中市における禁煙事業への投資を通じ、社会的インパクト創出と投資先(CureApp)の事業を支援~