オリックス生命保険株式会社は、業務効率化を目的に、新契約の申込書類などのデータ化において、 人工知能を搭載した光学式文字読み取り装置「AI-OCR」を導入すると発表しました。

今回導入する「AI-OCR」は株式会社EduLabが提供するサービスで、活字だけではなく手書き文字の自動デジタル化が可能なものでということです。

最先端の文字情報のデジタル化技術を用いることで、これまで人の手で行っていた申込情報の入力工程の約9割を削減できる見込みということです。また、その後は、名義変更や口座変更などの保全業務へも拡大する予定とのことです。

今後、システム環境の整備や稼働の検証などを実施し、2020年中ごろを目途に新契約の申込情報の入力業務に導入するということです。

出典:申込書類のデータ化業務に「AI-OCR」を導入~人工知能による文字情報のデジタル化で、入力工程の約9割を削減~