日本生命とニッセイ情報テクノロジー株式会社は、公益社団法人企業情報化協会が主催する2019年度「IT賞」において、「IT賞(顧客・事業機能領域)」を受賞したと発表しました。

「IT賞」は、わが国の産業界においてITを活用した経営革新に顕著な努力を払い優れた成果を挙げたと認められる企業・団体を表彰する制度で、37回目となる今回は、計26件34社が受賞したとのことです。

今回の受賞は、2019年4月から端末性能や掲載機能を高度化した営業職員用携帯端末「TASKALL」により実現した、シニアの顧客にも分かりやすい画面への全面刷新を通じた「お客様利便性の向上」等が評価されたということです。

出典:2019年度「IT賞」における『IT賞(顧客・事業機能領域)』の受賞について