三井住友海上火災保険株式会社ならびにあいおいニッセイ同和損害保険株式会社、MS&ADシステムズ株式会社は、公益社団法人企業情報化協会が主催する2019年度「IT賞」において、「IT賞(顧客・事業機能領域)」を受賞したと発表しました。

「IT賞」は、わが国の産業界においてITを活用した経営革新に顕著な努力を払い優れた成果を挙げたと認められる企業・団体を表彰する制度で、37回目となる今回は、計26件34社が受賞したとのことです。

3社は、11種類の多彩な決済サービスの中から選択、保険料を即時に決済できる損保業界初の「保険料スマホ決済サービス」を開発することで、顧客利便性を高め、今後のビジネスチャンスを広げる取組が評価され、受賞に至ったということです。

出典:2019年度「IT賞(顧客・事業機能領域)」の受賞について