朝日生命保険相互会社は、消費者庁が創設した「内部通報制度認証(自己適合宣言登録制度)」に2019年11月15日付で登録されたと発表しました。

内部通報制度認証は、内部通報制度が企業の内部統制およびコーポレートガバナンスの重要な要素であり、この内部通報制度を適切に整備・運用する企業が社会的に高く評価されるために、消費者庁が創設した制度ということです。

また、自己適合宣言登録制度とは、事業者が自らの内部通報制度を評価して、認証基準に適合している場合、事業者からの申請に基づき指定登録機関がその内容を確認した結果を登録し、所定のWCMSマークの使用を許諾する制度とのことです。

同社は、通報受付体制において、社内窓口には、専用電話・内線・専用メール等、複数の方法を用意するとともに、弁護士による社外窓口を設置し、相談しやすい通報受付体制を整備しているということです。

また、「コンプライアンス基本方針」「内部通報規程」や「コンプライアンスマニュアル」等に内部通報制度を明文化するとともに、定期的に、全役職員を対象として研修等を実施し、内部通報制度の意義や目的また、公益通報者保護法に則った通報者保護を周知し、制度の信頼性を高める取組みを行っているとのことです。

出典:「内部通報制度認証(自己適合宣言登録制度)」への登録について