三井住友海上火災保険株式会社ならびにあいおいニッセイ同和損害保険株式会社は、コミュニケーションアプリ「LINE」を活用したロードサービスの提供を開始したと発表しました。

契約の車が事故や故障等で自力走行不能となった場合に、「LINE」を活用してロードサービスを要請できる業界初のサービスで、従来の電話によるロードサービスの要請と比べて、約5割の時間短縮が見込まれるということです。

チャットボット(※「対話」と「ロボット」という二つの言葉を組み合わせた「自動会話プログラム」)機能の搭載により「LINE」のトークルーム内で質問内容の回答を選択するだけで、簡単かつ迅速なロードサービスの要請が可能とのことです。

近年、台風・集中豪雨の多発や夏場の猛暑等の影響により、車のトラブルに駆けつけるロードサービスの出動要請が急増していることが、提供開始の背景ということです。

出典:「LINE」を活用したロードサービスの提供を開始