日本生命保険相互会社と大樹生命保険株式会社は、大樹生命から日本生命へ有価証券管理事務を委託し、日本生命での事務代行を開始したと発表しました。

有価証券等の管理や売買決済に付随する事務を委託・代行するにあたり、両社のリソースやノウハウを集約することで、グループとしてのスケールメリットをいかした「事務・システムの効率化」や、多様化する投資ニーズに対応できる基盤整備を通じた「資産運用力の向上」を目指すということです。

出典:大樹生命から日本生命への有価証券管理事務の委託開始について