AIG損害保険株式会社は、『医療総合保険』、『医療総合補償特約付傷害総合保険』の入院諸費用保険金の補償範囲を2020年1月1日より拡大すると発表しました。これにより、入院時のペットケア費用の補償も可能になるということです。

入院諸費用保険金は、差額ベッド代などの実費補償に加えて、ホームヘルパーの雇入費用等の被保険者の入院時に発生した費用を15,000円×雇入・預入日数を限度に補償するものですが、改定後は、ペットシッターの雇入費用やペットホテルへの預入費用も支払いの対象になるとのことです。

対象となるペットは、被保険者が日常的に居住している主な場所において飼育している哺乳類、鳥類、爬虫類で、今回の改定による保険料の変更はないということです。

出典:医療保険で業界初 入院時のペットケア費用を補償