三井住友海上火災保険株式会社は、2019年11月に長野県伊那市で実施予定の、「AI最適運行・自動配車サービス(ドアツードア乗合タクシー)」の実証運行に参画すると発表しました。

同社は、ドライブレコーダー型テレマティクス端末の提供等を通じて、実証運行における安全運転や運行記録等をサポートするということです。
また、実証運行への参画等を通じて得られた走行データ等を活用して、AIを活用した乗合タクシー等のリスク分析等を行い、より安心・安全な運行につながる商品・サービスの開発を目指していくとのことです。

同社は、これまで伊那市と「地方創生に関する包括連携協定」を締結し、伊那市と連携して地方創生に取り組んできており、伊那市における新たなモビリティサービス(移動中または停車中の運転者または同乗者に届けるサービス)の実現に貢献することが、参画の背景ということです。

出典:伊那市におけるAIを活用した乗合タクシー実証運行への参画について