損害保険ジャパン日本興亜株式会社は、顧客の日常生活における損害賠償責任リスクについてさらなる安心を提供するため、2020年1月に自動車保険の賠償責任保険(個人賠償責任特約、対物賠償責任保険)を改定すると発表しました。

物理的損害を伴わない電車などの運休・遅延を発生させたことにより、被保険者に生じる損害賠償責任を新たに補償するということです。

近年、認知機能の低下を原因とした高齢者の鉄道事故により、本人や家族が負う可能性のある賠償責任リスクに対する関心が高まっていることや、これまでの賠償責任保険は、衝突などによる物理的損害を伴わずに発生した電車などの運休・遅延の営業損害(振替輸送費用など)は補償の対象外(※)だったことが、改定の背景とのことです。

※「電車と衝突し、電車の車体に損傷が生じた」など物理的損害を伴う電車等の運休・遅延の営業損害は、現行の賠償責任保険(個人賠償責任特約、対物賠償責任保険)においても補償の対象

出典:物理的損害を伴わない電車等の運休・遅延による損害賠償責任を補償に追加