マニュライフ生命保険株式会社は、一般社団法人ユニバーサルコミュニケーションデザイン協会(UCDA)が主催する「UCDAアワード2019」の生命保険分野において、外貨建て保険をわかりやすく解説する動画と冊子のコミュニケーションデザインで、最優秀賞にあたる「UCDAアワード」を受賞したと発表しました。
また、窓口販売用商品のパンフレットでも「情報のわかりやすさ賞」を受賞したとのことです。

「UCDAアワード」は、専門家と生活者の評価が総合的に高い企業・団体に贈られるものということです。
マニュライフ生命が当該アワードにおいて受賞するのは、5年連続5度目で、今年は初めて最優秀賞にあたる「UCDAアワード」の受賞となったということです。

同社プレスリリースによると、「UCDA アワード 2019」の受賞理由は以下の通りです。

「UCDA アワード 2019」受賞理由
生活者のタスクを支援する動画と帳票のコミュニケーションデザイン:UCDAアワード
『ナゼ? ナニ? ガイカ』動画および冊子
・動画と冊子の連携に優れ、外貨建て保険の説明補助ツールとしてわかりやすい
・動画:情報量を抑えた構成で、要点がわかりやすい映像である
・冊子:レイアウトや配色が見やすく、用語説明などサポートも充実している

窓口販売用商品のパンフレット:情報のわかりやすさ賞
「未来につなげる終身保険」パンフレット
・余白や行間を十分に確保しており、文章が読みやすい
・配色や文字サイズの強弱が工夫され、注意喚起の誘目性が高い
・情報量を抑制することで重要箇所を明確化

出典:マニュライフ生命、外貨建て保険をわかりやすく解説する動画と冊子で、最優秀賞にあたる「UCDAアワード」を受賞