SBI損害保険株式会社は、主要他社の自動車保険証券の写真や画像をもとに、SBI損保の自動車保険の保険料見積りに必要な情報を自動で読み取り、概算保険料をその場で表示するサービス「カシャッとスピード見積り(通称:カシャッピ)」の提供を、2019年11月より開始すると発表しました。

「カシャッとスピード見積り」は、スマートフォンやタブレットにおけるWebブラウザ上でカメラが動作するため、専用アプリ等のダウンロードが不要なほか、株式会社ダブルスタンダードによる、独自のAI技術を用いたビッグデータのクレンジング機能を利用することで、高い読取精度を実現したということです。
また読み取ったデータはSBI損保のWebサイトの見積入力画面にプリセットされるため、顧客の見積りに必要な入力操作の負担が軽減されるとのことです。
さらに、保険料計算APIにより、自動車保険システムとスムーズに連携することで、概算保険料の見積り後は、そのまま申込手続きへと進むことが可能ということです。

また、AI搭載型OCRを用いた自動車保険の概算保険料見積りサービスに関する特許を出願したとのことです。

出典:AI搭載型OCRを用いた自動車保険のリアルタイム見積りサービス「カシャッとスピード見積り」を2019年11月より提供開始