AIGジャパンは、任意団体work with PrideによるLGBT指標「PRIDE指標」にて、4年連続で最高評価の「ゴールド」を獲得したと発表しました。

PRIDE指標は、「行動宣言」「当事者コミュニティ」「啓発活動」「人事制度、プログラム」「社会貢献・渉外活動」の5項目によりLGBTなどの性的マイノリティに関する企業の取組みを評価するものということです。

AIGジャパンがこれまでに実施してきた、社時研修や管理職向け研修時に、LGBTへの理解や配慮に関する内容を含めている点や、AIGジャパンのグループ各社の福利厚生制度における結婚および配偶者の定義に「同性婚」を追加している点などの活動が評価され、4年連続の「ゴールド」獲得につながったとのことです。

出典:AIGジャパンがLGBT指標「PRIDE 指標」で4年連続最高評価を獲得