東京海上日動火災保険株式会社および東京海上日動あんしん生命保険株式会社と株式会社マネーフォワードは、お金の見える化サービス「マネーフォワードME」とAPI連携を開始したと発表しました。

マネーフォワードが提供する「マネーフォワードME」は、銀行やクレジットカード、 ECサイト、証券など2600以上の金融関連サービスから、入出金履歴や残高を取得し、自動で家計簿を作成できるサービスです。

東京海上日動ならびに東京海上日動あんしん生命とマネーフォワードとが連携し、「マネーフォワードME」とAPI連携を開始することで、東京海上日動ならびに東京海上日動あんしん生命の保険加入者は、契約者専用ページに登録していれば「マネーフォワードME」と連携して、自分が加入している保険の内容を「マネーフォワードME」上で確認することができるということです。

どの保険に加入していて、それぞれの保険にいくら支払っているのかが アプリ上で 一覧化されることで、保険と家計の一元管理をすることができるとのことです。

東京海上日動と東京海上日動あんしん生命では、「加入している保険内容を一目で分かるようにしたい。」「どの保険に月々いくら払っているのか知りたい。」といった声に代表されるように、「保険加入者に対して分かり易く保険を伝えていかなくてはいけない。」という課題認識があったことが、連携の背景ということです。

出典:東京海上日動、東京海上日動あんしん生命とマネーフォワードが連携「マネーフォワードME 」とAPI連携し、「保険の見える化」を実現