チューリッヒ生命は、社員の検診、治療や就業支援を目的として、3大疾病(ガン・心疾患・脳血管疾患)に重点をおいた新たな福利厚生制度を、9月から導入したと発表しました。

3大疾病に関する検診を受診した際の自己負担額の50%を補助することにより、社員の3大疾病に関する意識を高め、また、同疾病で通院する場合は1日3時間を限度として就業扱いとするなど、社員の就業継続に関する不安を軽減することにより、治療と仕事の両立を目指すとのことです。

同社プレスリリースによると、導入した福利厚生制度の概要は以下の通りです。

■今回導入した福利厚生制度の内容
1.3大疾病に関する検診を受診した場合の自己負担額の50%(年間3万円限度)を補助する。
2.3大疾病の治療に関する通院について、1日3時間を限度として就業扱いとする。
3.3大疾病で、休職期間6ヶ月以上で復職した場合に、復職一時金として20万円を支払う。
4.3大疾病治療支援休暇を新設し、当年度内に限り、3大疾病の治療を条件として10日間の有給休暇を給付する。

出典:3大疾病に重点をおいた新たな福利厚生制度を導入