住友生命保険相互会社は、株式会社住友倉庫が発行する「グリーンボンド」への投資を決定したと発表しました。

「グリーンボンド」とは、環境改善効果のある設備投資等に要する資金を調達するために発行する債券です。
今回投資する債券は国際資本市場協会および環境省が定義する「グリーンボンド」の適格基準を満たしており、第三者評価として株式会社日本格付研究所から、予備評価として最上位の評価である「Green1」を取得しているということです。

債券の資金使途については、住友倉庫が保有する倉庫施設等への設備投資(①空調機器の更新、②照明器具のLED化、③太陽光設備の設置)であることから、住友倉庫の企業活動による環境負荷の軽減に繋がり、ひいては環境保全に貢献することが期待されるとのことです。

同社プレスリリースによると、「グリーンボンド」の概要は以下の通りです。

<本債券の発行概要>
発行体:株式会社住友倉庫(JCR格付:AA-)
発行額:総額50億円
年限:5年

出典:株式会社住友倉庫が発行する「グリーンボンド」への投資について