東京海上日動火災保険株式会社と全日本空輸株式会社は、搭乗予定便が悪天候により欠航のおそれがあると判断され、航空券をキャンセルした際に、取消手数料および払戻手数料を補償するキャンセル保険「そらもよう」を共同開発したと発表しました。

これまで、搭乗日直前に運航への影響がある可能性があると判断された場合には、取消手数料および払戻手数料免除での航空券のキャンセルが可能でした。一方で、「余裕をもって旅行の実施可否を検討したいので、もっと早めに取消手数料の免除ができないのか」という顧客のニーズがあり、東京海上日動の豊富な保険開発の知見を組み合わせることで、今回の開発に至ったということです。

「そらもよう」に加入することで、悪天候により欠航のおそれがあると判断された場合は5日前から、実質的な負担はゼロで航空券のキャンセルが可能になるとのことです。
さらに、搭乗予定便が悪天候により遅延(※搭乗予定便が6時間以上遅延して着陸した場合に限る)・欠航となった場合は、代替交通機関や宿泊費など予定外の追加費用の補償として、一律1万円を支払うということです。そのほか、急な出張等によってキャンセルした場合の取消手数料および払戻手数料も補償対象になるとのことです。

「そらもよう」は10月1日よりANAのウェブサイトにて、航空券の購入完了画面、または予約確認画面から簡単に申込み手続きができ、300円から加入できるということです。

出典:日本初!悪天候により、欠航のおそれがある場合などに航空券の取消・払戻手数料を補償するキャンセル保険「そらもよう」を発売します