第一生命は、2型糖尿病の顧客に向けた「生活習慣改善個別サポート」のサービス実現性・実用性等を検証するPoC(※Proof of Concept)を9月17 日より実施すると発表しました。

2016~2019 年にかけて学校法人藤田学園 藤田医科大学と日本アイ・ビー・エム株式会社と実施した2型糖尿病に関する共同研究プロジェクトの成果を活用し、2型糖尿病により同社が入院給付金を支払った顧客(500 名程度)に対して、栄養指導を中心とした個別サポートのサービスを提供しながら、その実現性・実用性等を検証するということです。

第一生命では、これまでも、健康診断書を提出するだけで保険料を割り引くことが出来る「健康診断割引」や、認知症予防に繋がる「認知症予防サービス」を付帯した「かんたん告知認知症保険」を発売しています。

また、ビックデータの解析・活用による生命保険の引受基準の緩和や、宮古島において企業・住民が一体となった健康増進取組みの概念実証を実施しており、今回は新たに2型糖尿病の顧客向け「生活習慣改善個別サポート」の検証を開始したとのことです。

出典:人生100年時代、プリベンション(予防)の取組拡大へ~2型糖尿病のお客さま向け「生活習慣改善個別サポート」の検証開始~