朝日生命保険相互会社は、2019年10月2日より、所定の生活習慣病を一時金で保障する「7大疾病一時金特約」(正式名称:無配当7大疾病一時金特約(医療保険)(返戻金なし型))を発売すると発表しました。

「7大疾病一時金特約」は、従来の「生活習慣病保険(返戻金なし型)」の「7大疾病給付金」が備えている“幅広い保障範囲”“早い段階でのお支払い”“何度でもお支払い”という3つの特長をバージョンアップすることで、生活習慣病の治療を一時金でさらに手厚くサポートするものということです。

同社では、2004年4月より「生活習慣病保険」を提供している一方で、生活習慣病の患者数は年々増加しており、2017年においては、20歳以上の延べ総患者数が約1,865万人となっていること等が開発の背景とのことです。

同社プレスリリースによると、「7大疾病一時金特約」のポイントは以下の通りです。

「7大疾病一時金特約」のポイント
1.「幅広い」保障範囲!
「狭心症による所定の手術(カテーテル手術等)」を新たに支払事由へ追加!

2.「早い」段階でのお支払い!
心臓病や脳血管疾患について、「1日以上の入院」でお支払いにバージョンアップ!
※60日の労働制限や神経学的後遺症といった要件を廃止
慢性腎臓病等について、手術に加えて「所定の診断」でお支払い!

3.「何度でも」お支払い!
複数回支払いについて、2年に1回の制限を「1年に1回」にバージョンアップ!

出典:生活習慣病を一時金でサポート 「7大疾病一時金特約」発売