ソニー損害保険株式会社は、資産運用を通じた環境改善への貢献の取組みとして、2019年9月12日に発行された株式会社カネカのグリーンボンドに投資したと発表しました。

「グリーンボンド」とは、環境改善に資する投資案件(グリーンプロジェクト)の資金を調達するために発行される債券で、同債券発行による調達資金は、カネカ生分解性ポリマーPHBHの製造設備の工事費用および研究開発費用に充当される予定ということです。

カネカ生分解性ポリマーPHBHは、植物油などのバイオマスを原料として微生物発酵プロセスによって生産されるポリマーで、土壌中や海水中での生分解性が優れていることから、近年社会問題となっているマイクロプラスチックによる海洋汚染問題の改善に資することが期待されてるとのことです。

なお、同社のグリーンボンドへの投資は今回が初めてとのことです。

出典:グリーンボンドへの投資について