ソニー損害保険株式会社は、2019年9月2日から、同社の自動車保険の事故対応サービスやロードサービス、医療保険および火災保険の保険金請求手続などにおいて利用できる「手話・筆談サービス」を開始したと発表しました。

今回開始した「手話・筆談サービス」は、株式会社プラスヴォイスが提供する手話・筆談通訳サービスを介することで、顧客と同社担当者がリアルタイムにコミュニケーションを図れるようにしたものということです。
耳や言葉の不自由な顧客向けに、利便性の一層の向上と事故時などの不安感の低減を図ることを目的としているとのことです。

「手話・筆談サービス」は、ソニー損保の契約者や被保険者だけではなく、事故の相手方などすべての関係者が利用できるようにしているため、相互コミュニケーションが円滑になり、事故対応や保険金支払などの各種サービスの提供が一層スムーズになるということです。

同社プレスリリースによると、対象商品・対象サービスは以下の通りです。

■対象商品・対象サービス
・自動車保険:事故対応サービス、ロードサービス
・医療保険:保険金請求手続
・火災保険:保険金請求手続、住まいの緊急かけつけサービス

出典:「手話・筆談サービス」の提供を開始~事故対応サービスや保険金請求手続等でご利用いただけます~