損害保険ジャパン日本興亜株式会社は、唾液でがんの罹患リスクを測定する技術を持つヘルスケアベンチャーである株式会社サリバテックと、がんの早期発見や生活習慣病予防の啓発に資する「セルフ・ヘルスケア」の実現に向けた業務連携、協力を進めることに合意したと発表しました。

また、損保ジャパン日本興亜のグループ持株会社であるSOMPOホールディングス株式会社は、8月30日付で、サリバテックに出資したと発表しました。

サリバテックは、慶應義塾大学先端生命科学研究所の研究成果を基に、2013 年に設立されたヘルスケアベンチャーです。メタボローム解析(※細胞の活動によって生じる特異的な代謝物質の種類や濃度を網羅的に定量解析する手法)に関する技術や高度なデータ解析のアルゴリズム開発技術を基盤とし、唾液中の代謝物質を解析してがん罹患リスクを判定する「SalivaChecker(R)(※唾液を用いてがんに罹患しているリスクを調べる検査サービスの名称)」を開発、提供しているということです。

損保ジャパン日本興亜とサリバテックは、SOMPOホールディングスが有する顧客基盤の活用やグループ各社とも連携した疾患の予防啓発・早期発見の促進につながる健康増進サービスの開発・提供により、健康寿命延伸の実現に貢献していくとのことです。

出典:慶應義塾大学先端生命科学研究所発のヘルスケアベンチャー サリバテックとの業務連携~唾液でがんの罹患リスクを測定できる技術により、「セルフ・ヘルスケア」の実現へ~