損害保険ジャパン日本興亜株式会社は、「マンション総合保険」の特約として、マンション管理組合の役員が紛争解決のために弁護士相談を行ったことにより負担した費用を含めて総合的に補償する『管理組合役員対応費用補償特約』を、2019年10月から提供すると発表しました。

「マンション総合保険」は、分譲マンション等区分所有建物の共用部分を保険の対象とした損保ジャパン日本興亜のマンション管理組合向けの火災保険です。

国土交通省の調査によると、76.8%のマンションで何らかのトラブルが発生しており、そのうち15.9%が訴訟や民事調停等の法的措置において弁護士に相談することにより、マンション内でのトラブルへの対応を行っているとのことです。
このようなマンション管理組合の役員が業務遂行するうえで抱えるリスクを包括的に補償し、安心して役員を引き受けられる環境の整備に貢献することが、開発の背景ということです。

出典:【業界初】管理組合役員向け弁護士費用補償特約の販売開始~マンション管理組合の役員を取り巻くリスクを包括的に補償~