三井住友海上プライマリー生命保険株式会社は、2019年9月2日から、『社会貢献特約』の取扱いを、株式会社三井住友銀行を保険募集代理店とする一部商品にて開始すると発表しました。

『社会貢献特約』を付加することで、保険金等を「指定公益団体」(※本特約を付加した契約の保険金等受取人となることについて、三井住友海上プライマリー生命と合意した団体)に支払うことができるということです。

近年、「資産を寄附することで社会のために役立てたい」など、資産継承に関する価値観の多様化がみられており、
これを踏まえ、三井住友銀行と共同で、保険金等受取人を公益団体に指定できる『社会貢献特約』を業界に先駆けて開発したとのことです。

出典:社会貢献特約の取扱いを開始