マニュライフ生命保険株式会社は、社会貢献活動の一環として、療養中の子どものためのプレイルーム「マニュライフわくわくるーむ」を寄贈先である島根大学医学部附属病院(島根県出雲市)に開設し、8月1日に贈呈式と内覧会を行ったと発表しました。

「マニュライフわくわくるーむ」の設置は、療養中の子どもたちの心のケアを行う中核施設として、特定非営利活動法人子ども健康フォーラムと共に2007 年より継続して行なっている活動で、島根大学病院は16ヵ所目の設置先となるということです。

県内唯一の特定機能病院として、がん治療を中心にAYA世代の診療を積極的に行なっている島根大学病院の希望により、乳幼児から学童期の子ども向けプレイルームのほかにAYA世代向けプレイルームなどを設け、一つのエリアに総合的な機能を備えた「マニュライフわくわくるーむ」の設置が実現したとのことです。

出典:療養中の子どものためのプレイルーム『マニュライフわくわくるーむ』 国内最大級のスペースで島根大学医学部附属病院に開設