カーディフ生命保険株式会社は、2019年8月29日より、オリックス銀行のカードローンを新規で申し込み、契約した顧客向けに、がん保障付き消費者信用団体生命保険を提供開始すると発表しました。

カードローンを利用中の顧客が死亡・高度障害状態となった場合、またはがんと診断された場合(※責任開始日以後生まれて初めてがんに罹患し、医師によって診断確定された場合)に、その時点でのローン残高を保険金等として支払い、ローンの返済に充当するということです。

同社調査によると、カードローン利用者の約 7 割が、がん保障付きカードローンに対して「とても魅力を感じる」「魅力を感じる」「少し魅力を感じる」と回答しており、「この保障があればローン借入時の不安解消につながると思う」と回答した利用者は 6 割にのぼるようです。

今回の保障により、万が一の場合にその後のローン返済が免除されるため、より安心してカードローンを借入れできるようになるとのことです。

出典:カーディフ生命、オリックス銀行のカードローン向けにがん保障付き団信を提供開始