メットライフ生命保険株式会社は、S&Pグローバル・レーティング・ジャパン株式会社(以下、「S&P」)から、保険財務力格付けを「AA-」に、アウトルックを「安定的」にそれぞれ据え置いたとの決定を受けたと発表しました。

日本のソブリン格付け(A+)を上回る格付けとアウトルックは、S&Pが2019年7月1日付に公表したグループ格付け手法を適用した結果であり、メットライフ生命についてメットライフグループでの「中核」の保険会社であるという位置付けを維持したものということです。

また、保険会社の財務の健全性を示すソルベンシー・マージン比率も889.6%(2019年3月31日時点)の高水準を維持してるとのことです。

出典:メットライフ生命の強固な財務基盤をS&Pが引き続き評価