AIG損害保険株式会社は、個人向け火災保険において、保険金支払い対象と判断した事故に関して業界初となる損害調査の初期段階における保険金の高額内払い(保険金の一部前払い)方針を8月13日より導入すると発表しました。

これにより、火災、水害などにより被災した個人向け火災保険の顧客のうち、保険金支払い対象と判断した案件については、損害保険金の見込額の最大50%までの保険金を最短10日で支払い可能になるとのことです。
損害額の確定や保険金請求書類の提出完了前まとまった金額の支払うことで、生活再建の早期化を支援するということです。

また、この方針を先行導入している企業向け火災保険においては、対象損害規模を1億円程度から2,000万円程度に引き下げ、災害時における中小企業の経営支援をさらに強化したとのことです。

出典:自然災害発生時の早期生活再建にも役立つ、業界初の個人火災保険金支払い方針を導入 損害保険金の見込額の最大50%を最短10日で支払い