あいおいニッセイ同和損害保険株式会社と国立大学法人香川大学は、2019年3月に締結した連携協定に基づき、MaaS (Mobility as a service)に関する特別共同研究を2019年8月より開始すると発表しました。

2019年4月より、経済産業省・国土交通省では、新しいモビリティサービスの社会実装に挑戦する地域等を応援する新プロジェクト「スマートモビリティチャレンジ」を開始しており、今後もMaaSの取組みを通じて地域課題を解決する機運への高まりが期待されることが背景ということです。

同社プレスリリースによると、特別共同研究の概要は以下の通りです。

特別共同研究の概要
あいおいニッセイ同和損保と香川大学は、地元と連携しながらMaaS構築・展開および保険のあり方についての特別共同研究を行います。
(1) 香川大学は、同大学の防災および医療などの知見を活かしながら、MaaS構築・展開の研究およびそれらの過程で生じ得る課題解決について研究を行います。
(2)あいおいニッセイ同和損保は、上記研究を踏まえ、香川大学と協働しながら、「 MaaS に伴う保険のあり方」 について検討を行います。

出典:あいおいニッセイ同和損保と香川大学によるMaaSに関する特別共同研究の実施について