ぜんち共済株式会社は、第13期(平成30年度)決算の結果、収入保険料が10億円を突破したと発表しました。

同社は、平成12年7月、知的障がい者の豊かな生活と日々の安心のために設立された「全国知的障害者共済会」を前身とし、平成16年の保険業法の改正に伴い設立、平成20年2月には、知的障がいや発達障がいがある方に医療保険等を提供する少額短期保険業者として関東財務局の登録を受けているということです。

それ以来、「ぜんちのあんしん保険」「ぜんちのこども傷害保険」を提供しており、平成30年1月には、東京海上日動火災保険株式会社との提携により、支払限度額5億円(国内事故。国外事故は1億円)の個人賠償責任補償が同社商品にセットされたということです。
この個人賠償責任補償は、高額な賠償事案に対応可能となったことに加え、示談交渉サービスの付帯により、顧客の損害賠償事故の解決にかかる労力や精神的な負担も軽減されたとのことです。

その他、更新契約の引受年齢の引上げによる高齢者対応、インターネットによる加入申込みや保険料払込方法の充実など、顧客の利便性向上に向けた取組みから、収入保険料の10億円突破に至ったということです。

出典:ぜんち共済、収入保険料10億円突破! ~知的障がい、発達障がいのある方のために生まれた保険~