三井住友海上火災保険株式会社ならびにあいおいニッセイ同和損害保険株式会社は、顧客のスマートフォンから保険料を支払う「保険料スマホ決済サービス」を共同開発し、7月より順次、サービスの提供を開始すると発表しました。

顧客は、同社の提示するQRコードに自身のスマートフォンをかざすだけで、希望の決済サービスを選択でき、キャッシュレスでの保険料支払いが可能となるということです。

なお、同社プレスリリースによると、サービス開始時点における決済サービスのラインナップは、以下のとおりです。

○ドコモ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、ワイモバイルまとめて支払い、Apple Pay、LINE Pay、Yahoo!ウォレット、楽天ペイ、PayPal、Alipay国際決済、銀聯ネット決済
※決済サービスのラインナップは、決済市場の動向等を踏まえ、随時追加・変更していく予定です。

出典:~キャッシュレス社会の進展をサポート~「保険料スマホ決済サービス」の開始について