三井住友海上火災保険株式会社は、7月から、株式会社Kids Publicが運営する、遠隔健康医療相談サービス「産婦人科オンライン」を導入したと発表しました。

「産婦人科オンライン」は、妊娠中から産後2年までの女性社員および男性社員の配偶者を対象とし、平日18時~22時に利用できるサービスで、海外駐在員の相談など、海外からも利用可能です。
Kids Publicに所属する産婦人科医または助産師に、スマートフォン無料通信アプリ「LINE」や電話を活用して、「通院するほどではないけれど、気になる体調の変化がある」、「復職に向けて授乳はどのようにしていけばいいの」といった体調に関する質問や悩みを、自宅で相談できるということです。

同社は、従来から多様な働き方の実現に向けて、社員一人ひとりの事情に配慮した職場環境の整備を進めおり、今回のサービス導入は、女性の健康づくりに対する支援を目的としているとのことです。

出典:~女性の健康と、育児と仕事の両立をサポート~遠隔健康医療相談サービス「産婦人科オンライン」の導入について